Now loading...

Greeting院長から皆さまへ

院長 仁木 正己

「胃カメラ(胃内視鏡)や大腸カメラ(大腸内視鏡)は、しんどいから嫌だ」という話をよく耳にします。

確かに検査のためとはいえ、苦痛を伴うことはできるだけ避けたいものです。私は患者さんに楽で確実な検査を受けてもらうことが、一番大切であると考えています。

昨今の医学の発展にもかかわらず、やはり一番こわい病気は癌ではないでしょうか、癌の治療には早期発見に勝るものはありません。

残念なことに早期の癌には、ほとんど症状がでません。 症状が出現した時は、すでに進行してしまっている事が常であります。症状のない時期に発見するには定期的に内視鏡検査をする事です。

血液検査と同じ感覚で、苦痛がなければ定期検査を受けてもよいと思いませんか? それが癌治療の第一歩になると考え、日々の診療にあたっています。

院長略歴

1983.03

大阪医科大学医学部医学科 卒業

1983.05

大阪医科大学附属病院 
一般・消化器科外科 入局

1994.10

大阪医科大学附属病院 
一般・消化器科外科 助手

1995.03

医学博士学位授与(大阪医科大学)

1999.01

大阪医科大学附属病院 
一般・消化器科外科 学内講師

2000.04

大阪医科大学附属病院 
一般・消化器科外科 講師

2001.04

大阪医科大学附属病院 
一般・消化器科外科 非常勤講師

2005.07

にきクリニック 開業

所属学会・認定医など

  • 日本消化器内視鏡専門医
  • 消化器病認定医
  • 消化器外科専門医
  • 消化器外科指導医
  • 消化器外科認定医
  • 日本外科学会認定医
  • 日本外科専門医
  • 外科学会指導医
  • 日本医師会産業医

Introspection院内紹介

  • 受付

    当院に来られて、一番最初に接する場所です。どんなことでも、遠慮なくお尋ねください。スタッフ一人ひとりが親切に対応させて頂きます。

  • 待合室

    清潔で広くゆったりとリラックスできるような雰囲気を心がけております。

  • 空気清浄機・加湿器

    当クリニックはスリッパに殺菌消毒をしています。また、空気殺菌脱臭装置(オゾンとUVのW効果)や加湿器を設置し常にクリーンな空気を保つ様心掛けております。

  • 点滴室

    椅子はリクライニングチェアになっており、テレビを見ながらリラックスして点滴を受けて頂くことができます。

  • レントゲン室

    骨粗鬆症は手の甲のレントゲンをとれば簡単に知ることができます。一度、ご相談下さい。

  • 内視鏡検査室

    当クリニックでは「楽に内視鏡が受けられる」様に細径内視鏡を用いています。施行時に不安を軽減させる為鎮静剤を併用したり鼻からの内視鏡検査も行なっています。胃内視鏡、大腸内視鏡共患者さんに合った楽な方法で検査ができる様考えていますので、いつでも何なりとご相談下さい。

― Back to page top