大腸内視鏡検査

大腸内視鏡検査時の前処置の改善と工夫

旧来、大腸内視鏡検査時には、塩味の強い前処置用の飲用下剤を服用してもらい、大腸内腔をきれいにしていました。

人によっては味や臭いからのみにくく、時には検査以前に嘔吐し、検査できない状態も見うけられました。

通常は、比較的飲みやすい前処置用の飲用下剤を使用していますが、飲用下剤が服用しにくい人に対しては、錠剤による処置も行っています。
前述の苦痛を軽減できる様にも工夫しております。

少しでも苦痛の少ない検査を受けていただく為、来院時に相談、詳しい説明の上、検査全体のスムーズな進行を考えております。


大腸内視鏡検査

大腸内視鏡検査

内視鏡を肛門から挿入し、全大腸を観察し、病気が無いかどうかを調べる検査です。

検査中に、ポリープなどが認められた場合、切除することも出来ます。
(内視鏡的大腸ポリープ切除術)

当院では、前日の夕食は検査食を使用しておりません。
消化のよい普通の食事を取ってもらって結構です。
前日と当日に下剤を服用し、鎮静剤等を使用して検査いたしますので、不安なく楽に受けることができます。

クリニック案内

  • 阪神電鉄本線、阪急今津線
    「今津駅」より徒歩1分
  • 駐車場8台有
    (バリアフリー車いす可)

  • どの様な症状も診察いたします。

医療法人社団 にきクリニック

 診療項目 
内科、消化器科、外科、肛門科、乳腺・甲状腺外来

 所在地 
〒663-8245
兵庫県西宮市津門呉羽町1-28
今津医療センタービル4F

 診療時間 
9:00 - 12:30、16:00 - 19:00

 休診日 
木曜日・土曜日の午後、日曜日、祝日

お電話でのお問合せはこちら